運輸部門のCDMの現状

クライメート・コンサルティング合同会社
Climate Consulting, LLC

地球温暖化の影響と対策に関するコンサルティング

| HOME | Transport CDM |

更新日 2017-01-25 | 作成日 2008-06-25

運輸部門のCDM



運輸部門のCDM(クリーン開発メカニズム:Clean Development Mechanism)は、再生可能エネルギーなどの他の分野に比べて、登録件数などが極端に少ない状況にあります。ここでは、運輸部門のCDMの現状についてご紹介します。


CDMとは?

クリーン開発メカニズム(Clean Development Mechanism:CDM)は、京都議定書によりGHG排出削減が義務づけられている先進国(国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の附属書Ⅰ国)とGHG排出削減義務を有していない開発途上国(UNFCCC非附属書Ⅰ国)の間でのGHG排出削減スキームです。

CDMでは、非附属書Ⅰ国でGHG排出削減プロジェクトを実施し、GHG排出量を削減します。附属書Ⅰ国は、そのプロジェクトによって発行されたクレジット(Certified Emission Reduction:CER)を獲得することができます。

CDMの実施を通じて、附属書Ⅰ国(投資国)のGHG排出削減の目標達成を支援すると同時に、非附属書Ⅰ国(ホスト国)の持続可能な開発に貢献することを目的としています。

参考:CDM/JI事業実施マニュアル2008(環境省)


CDM.png
図 CDMプロジェクトのフロー

登録件数



CDMプロジェクトの登録件数は5,209件ありますが、運輸部門はわずかに19件にとどまっています(2012.12.5 現在)。

Registered

Title

Host Parties

Other Parties

Methodology

Reductions

12 Sep 12
Metro Line 12, Mexico City Mexico Switzerland ACM0016 ver. 2 136983
10 Aug 12 MEGABUS, Pereira, Colombia Colombia Netherlands AM0031 ver. 3  33956
23 Jul 12 Lanzhou Bus Rapid Transit (BRT) Project China Sweden AM0031 ver. 3  12621
03 Jul 12 Bus Rapid Transit (BRT) in Guatemala City Guatemala   AM0031 ver. 3  536148
13 Mar 12 BRT Metroplus Medellin, Columbia Colombia Switzerland AM0031 ver. 3  123479
12 Mar 12 MIO Cali, Colombia Colombia Netherlands AM0031 ver. 3  242187
10 Feb 12 BRT Macrobus Guadalajara, Mexico Mexico Spain AM0031 ver. 3  54365
04 Oct 11 Mumbai Metro One, India India Switzerland ACM0016 ver. 2 195547
10 Aug 11 BRT Metrobus Insurgentes, Mexico Mexico Spain ACM0016 ver. 2 46544
30 Jun 11 Metro Delhi, India India Switzerland ACM0016  529043
07 Jun 11 BRT Zhengzhou, China China

Switzerland

Portugal

AM0031 ver. 3  204715
30 May 11 BRT Lines 1-5 EDOMEX, Mexico Mexico

Switzerland

Portugal

 

ACM0016  145863
04 Feb 11 Modal Shift from Road to Train for transportation of cars India

 

AMS-III.C. ver. 11  23001
 17 Dec 10 Plant-Oil Production for Usage in Vehicles, Paraguay  Paraguay   Switzerland AMS-III.T.   17188 
19 Oct 10 BRT Chongqing Lines 1-4, China China

Switzerland

Germany

AM0031 ver. 3  218067
26 Apr 10 Cable Cars Metro Medellín, Colombia Colombia

Switzerland

AMS-III.U.  17290
29 Dec 07 Installation of Low Green House Gases (GHG) emitting rolling stock cars in metro system India

Japan

AMS-III.C. ver. 10  41160
07 Dec 06 BRT Bogotá, Colombia: TransMilenio Phase II to IV Colombia

Switzerland

Netherlands

AM0031  246563


出典:UNFCCC CDM Web site http://cdm.unfccc.int/index.html

承認方法論



承認方法論は少ないながらも少しづつ整備されてきています。大規模CDM用は6件、小規模CDM用は10件の承認方法論があります(2012.12.7 現在)。なお、弊社代表の白川らが執筆した"SSC_NM052: Transport Energy Efficiency Activities using Idling Stop Device"が、第58回CDM理事会(2010.11.22-26)において承認されました。

鉄道整備プロジェクトに適用可能なACM0016が第50回CDM理事会(2009年10月)において承認されました。鉄道事業をCDMプロジェクトとして仕立て上げるためには数々の障壁があると予想されますが、方法論が承認されたことは大きな一歩であると思います。

また、植物油起源のバイオディーゼル生産プロジェクトに適用可能なACM0017が同じく第50回CDM理事会で承認されました。適用可能なプロジェクトが「専用農園から供給される油糧作物を用いて生産される植物油」に限定されていますが、こちらも方法論が承認されたことで少しづつプロジェクトが進んでいくものと思われます。なお、ACM0017(バイオディーゼル用方法論)は"Energy industries"、"Chemical industries"としての登録となっておりますが、自動車用燃料としての利用も方法論の対象としているため、下表に含めています。

参照番号 方法論名称 分野・技術
AM0031 Baseline Methodology for Bus Rapid Transit Projects
BRT
ACM0016 Baseline Methodology for Mass Rapid Transit Projects
鉄道, BRT, 等
ACM0017
Production of biodiesel for use as fuel
バイオディーゼル
AM0090 Modal shift in transportation of cargo from road transportation to water or rail transportation 貨物モーダルシフト
AM0101 High speed passenger rail systems 高速鉄道 
AM0110 Modal shift in transportation of liquid fuels 貨物モーダルシフト

参照番号 方法論名称 分野・技術
AMS III.C. Emission reductions by electric and hybrid vehicles
低GHG排出ガス車
AMS III.S. Introduction of low-emission vehicles to commercial vehicle fleets
低GHG排出ガス車
AMS III.T.
Plant oil production and use for transport applications
植物油
AMS III.U. Cable cars for mass rapid transit system (MRTS) ケーブルカー
AMS III.AA. Transportation Energy Efficiency Activities using Retrofit Technologies エンジン改良 
AMS III.AK. Biodiesel production and use for transport applications バイオディーゼル
AMS III.AP. Transport energy efficiency activities using post - fit Idling Stop device アイドリングストップ
AMS III.AQ. Introduction of Bio-CNG in transportation applications CNG
AMS III.AT. Transportation energy efficiency activities installing digital tachograph systems to commercial freight transport fleets Eco-drive
AMS III.AY. Introduction of LNG buses to existing and new bus routes LNG buses

出典:UNFCCC CDM Web site http://cdm.unfccc.int/index.html

分野別方法論



運輸部門における主な温室効果ガス削減等の対策について承認方法論の有無を整理しました。なお、下表はあくまでも参考であり、方法論の適用の可否は実際のプロジェクト毎に詳細に分析する必要があります。

大区分 小区分 技術・対策 適用可能な方法論
燃料転換



バイオ燃料・低炭素燃料への転換  バイオディーゼル
ACM0017, AMS III.AK.
バイオエタノール
無し
植物油(Plant Oil)
AMS III.T
CNG AMS III.S., III.AQ.
LPG AMS III.S.
燃料消費効率の改善




走行距離あたりの排出量の低減(自動車技術等によるもの)    ハイブリッド自動車 AMS III.C., III.S.
電気自動車 AMS III.C., III.S.
燃料電池自動車 無し
低排出ガス自動車 AMS III.S.
エンジンの改良 AMS III.AA.
エコドライブ診断装置 AMS III.AT.
アイドリングストップ装置 AMS III.AP.
エコタイヤ 無し
 走行距離あたりの排出量の低減(ソフト対策、メンテナンス向上等によるもの) エコドライブ 無し
アイドリングストップ 無し
車検制度導入 無し
輸送効率の改善 輸送量あたりの排出量の低減(旅客) 高速鉄道 AM101
鉄道, LRT等 ACM0016
BRT(Bus Rapid Transit) AM0031, ACM0016
ケーブルカー AMS III.U.
輸送量あたりの排出量の低減(貨物) 貨物モーダルシフト AM0090, AM0110
貨物積載量の向上 無し
交通量・交通流の改善
 交通量・交通流の制御 公共車両優先システム 無し
パークアンドライド 無し
ロードプライシング 無し
ナンバー規制 無し
インフラ整備  信号システム導入・改善 無し
橋、トンネル等の整備 無し
バイパス、高速道路等の整備 無し

※上記の分類は一つの例であり、他の適切な分類方法も考えられます